img img img

安心して高濃度ビタミンC点滴が受けられるクリニックを厳選!

HOME » 高濃度ビタミンC点滴療法のQ&A » 高濃度ビタミンC点滴とは

高濃度ビタミンC点滴とは

このページでは、高濃度ビタミンC点滴の治療効果などを解説しています。

全米で2万人の医師が実践するがん治療

古くからビタミンCには抗酸化作用がある…ということで知られていました。抗酸化作用は身体の酸化を抑える作用のことで、老化防止や病気予防に役立つとされています。

このビタミンCに抗酸化作用があると発表したのは、ノーベル化学賞を受賞したライナス・ポーリング博士です。のちに彼はイギリスの外科医ユアン・キャメロンとともに、『がんとビタミンC』という一般書を発表。 “静脈内投与による高濃度ビタミンCは、がん細胞に対して抗がん作用をもつ”という内容で、ビタミンCの抗癌作用を実証した画期的な論文だったのです。

ライナス・ポーリング博士が亡くなって10年以上を経た2005年、カナダの研究者の手により、高濃度ビタミンC点滴療法を発表。米国科学アカデミー紀要に『ビタミンCは選択的にがん細胞を殺す』という衝撃的なタイトルで、紹介されることになったのです。

その後、アメリカ3大ネットワークであるABCニュースや、CBSなどの大手メディアが高濃度ビタミンC点滴を特番で報道。さらにFDA(米国食品医薬品局)はCTCA(米国がん治療センター)に対して、ビタミンCの臨床試験を許可させることになったのです。今や高濃度ビタミンC点滴は、全米で2万人以上の医師が実践するがん治療となっています。

がん細胞にだけ、毒性として働くビタミンC

ではなぜ“ビタミンCは選択的にがん細胞を殺す”のでしょうか。それはビタミンCが“がん細胞に対してだけ、毒性として働く”からです。ビタミンCは酸化されることで強力な抗酸化作用を発揮しますが、その際に大量の過酸化水素が発生します。

仮に血中にビタミンCを投与した時、正常な細胞は過酸化水素を中和できますが、がん細胞はこれを中和できず死んでしまうのです。つまりビタミンCはがん細胞にとって〈抗がん剤〉として作用すると捉えることができます。具体的にビタミンCは、以下のような働きがあるのです。

《がんに対してビタミンCはどう働くか》

  • 活性酸素を捕捉する抗酸化作用で、細胞のがん化を防ぐ
  • 白血球やマクロファージの機能を高め、免疫機能を増強する
  • 抗がん活性をもつ、インターフェロンの生成を促す
  • 薬物代謝に関わって発がん物質を解毒。またそれを体外に排泄する
  • 胃がんの原因になる、胃中のニトロソアミンの生成を防ぐ
  • ウィルスを不活性化する
  • ストレスから守る

高濃度ビタミンC点滴を受ける前に、検査を

ちなみに高濃度ビタミンC点滴は、腎臓機能の低い方や栄養状態の悪い方、脱水症状の方、現在透析中の方は治療を受けることができません。

また仮に高濃度ビタミンC点滴療法を受けるとしたら、G6PD異常症スクリーニング検査を受ける必要があります。これは赤血球膜G6PD活性の測定をするものです。G6PD異常症というのは、伴性劣性遺伝を示す家族性溶血性貧血で、アフリカ系の黒人を中心に世界で数億人いるといわれています。日本では少ないとはいえ、全体の0.1~0.5%の方がG6PD異常症といわれているようです。

G6PD異常症は、25g以上の高濃度ビタミンC点滴で溶血性貧血発作の危険があるので、事前に検査が必要になります。しかし日本では検査がなかなかできませんでした。その後2008年夏に、点滴療法研究会で検査キットが開発され、より安全に高濃度ビタミンC点滴を施行できるようになりました。

また病院によっては、治療開始前にこのスクリーニング検査とその他一般的な血液検査(血計、生化学、腫瘍マーカー等)を、初回来院時に施行しているところもあります。まずは濃度ビタミンC点滴療法を行なっている病院に、どのような検査を行なっているか問い合わせてみましょう。

>>高濃度ビタミンC点滴治療のクリニック比較<<

高濃度ビタミンC点滴を受けるなら
東京のおすすめ治療クリニック厳選集

渋谷塚田クリニック

渋谷塚田クリニック
高濃度ビタミンC点滴(50g点滴1回)
21,500円(税込)※10回セットで5,000円OFF
HPで詳細を見る

健康増進クリニック

健康増進クリニック
高濃度ビタミンC点滴(50g点滴1回)
21,600円(税込)※30回毎にg数1回分無料
HPで詳細を見る

赤坂おだやかクリニック

赤坂おだやかクリニック
高濃度ビタミンC点滴(50g点滴1回)
23,220円(税込)※点滴療法は要予約
HPで詳細を見る