img img img

安心して高濃度ビタミンC点滴が受けられるクリニックを厳選!

HOME » 高濃度ビタミンC点滴の医療効果 » がん患者の治療体験談

がん患者の治療体験談

このページでは、高濃度ビタミンC点滴治療を受けた方の体験をまとめて紹介しています。

余命1ヶ月と宣告された女性が、仕事に復帰

<<50歳の女性・乳がん患者の場合>>

乳がんの女性。術後5年経過したところ、多発肝転移などの全身転移が認められました。主治医より余命1ヶ月と宣告されたようです。

それで病院での抗がん剤治療と併用して、クリニックにて週3回の高濃度ビタミンC点滴をはじめようと決めたとのこと。高濃度ビタミンC点滴については、セカンドオピニオンとして相談している医師から聞いていたので、特に不安はなかったそうです。治療開始時には食欲もなく、ひとりで歩くことも大変だった状態。そんななか、高濃度ビタミンC点滴をはじめたようです。

ところが、ビタミンC点滴開始後には食欲も増し、口内炎が治ったとのこと。顔色もずいぶんよくなり、活力もわいたようです。その後、驚くほど改善し、治療開始 6ヵ月後には元気に仕事に復帰するまでになりました。

週3回・80回以上の点滴で、がん細胞が消滅!

<<67歳男性・膵臓がん患者の場合>>

膵臓がんの男性。2008年2月から上腹部痛始まり、某大学病院で膵臓がんと診断。その後、抗がん剤内服と放射線治療を受けたようです。

抗がん剤の影響でしょうか。食欲が低下し、ときどき吐き気もあったようです。しかも身体に痛みがあって、耐えられない…と言うので、主治医の指示でモルヒネを打つことになりました。

その後、ご家族の方が、ネットで知ったビタミンC点滴について調べたようです。幸いにもご自宅の近くに、高濃度ビタミンC点滴を打ってくれるクリニックがあったようで、そこへ行くことに決めたとのこと。

2008年7月から高濃度ビタミンC点滴開始。少しずつ顔色がよくなり、食欲が出てきたそうです。抗がん剤は吐き気がするので、そこで終了。身体の痛みもなくなったため、麻薬も中止したとのこと。以後はビタミンCを週3回、合計80回以上受けていたようですが、2010年3月のCTでは、膵がんは消えてしまったようです。

体重も増加し、毎日元気に暮らしているようです。現在は、趣味の将棋に熱中している毎日とのこと。

苦しむことなく、亡くなったことが幸い

<<62歳男性・膵臓がん患者の場合>>

膵がんの男性。余命3ヶ月と告知されました。主治医の先生に了解を経て、抗がん剤と高濃度ビタミンC点滴を併用することに。特に食欲が落ちることはありませんでしたが、がんも小さくはならなかったようです。

ある日、肝臓への転移が原因で、高熱となり再入院ということになりました。しかもビタミンCの点滴をしている間、一度、腸から出血したことがあったようです。それで一旦、ビタミンCの点滴を止めたとのこと。その途端、彼は激しい痛みで苦しみはじめたそうです。それでモルヒネの量を増やし、2時間おきに注射してもらいましたが、まったく効かなかったといいます。

それで奥様が「ビタミンCの点滴を打ちたいのです!」と主治医に頼み、再び点滴をすることになったそうです。不思議なことにそれからは、また痛みが嘘のようになくなったといいます。

一年後、主治医の先生が「最も副作用の少ない抗がん剤を使ってもいいですか」とおっしゃったそうです。ご家族の方は、これまで協力していただいた先生の頼みなので、すぐに承諾したといいます。今まで大して効かなかった抗がん剤でしたが、ビタミンCとの併用のせいか「今までどろどろした腹水が続いていたのに、今回はきれいな水なった」と、主治医の先生が驚いて報告しに来てくださったそうです。

しかし、そこから3カ月後に彼は亡くなりました。幸い、亡くなるまで苦しむことがなかったのが、救いだったといいます。

>>高濃度ビタミンC点滴治療のクリニック比較<<

高濃度ビタミンC点滴を受けるなら
東京のおすすめ治療クリニック厳選集

渋谷塚田クリニック

渋谷塚田クリニック
高濃度ビタミンC点滴(50g点滴1回)
21,500円(税込)※10回セットで5,000円OFF
HPで詳細を見る

健康増進クリニック

健康増進クリニック
高濃度ビタミンC点滴(50g点滴1回)
21,600円(税込)※30回毎にg数1回分無料
HPで詳細を見る

赤坂おだやかクリニック

赤坂おだやかクリニック
高濃度ビタミンC点滴(50g点滴1回)
23,220円(税込)※点滴療法は要予約
HPで詳細を見る